令和元年度役員挨拶

会長 一ノ宮五郎

ご挨拶 「私の願い」

「あなたの国があなたのために何ができるかを問わないでほしい。 あなたがあなたの国のために何ができるかを問うてほしい。」

とアメリカの第35代大統領ジョン・F・ケネディは大統領就任時に演説致しました。

この度の令和元年度総会にて会長に再任されました。この1年、大変にお忙しい中、会の運営、会合への参加等、ご協力頂いた全ての方々に深く感謝申し上げます。誠にありがとうございました。又、今回の総会にて「主任ケアマネ部会」と「施設ケアマネジメント部会」の新しい部会が誕生致しました。各専門的スキルアップと情報共有の場ができたことは大変に喜ばしいことです。

さて、皆様もご存知の様に、ケアマネジャーの業務内容、スタンス、仕事量も増加しており、昨年からの受験者数の激減により、益々その速度は増していく様に感じております。そんな中、国家資格化の論議が出てきたのは一歩前進だと思います。時代は常に変化しているのです。

「目の前の困っている1人の利用者の生活と人生を、なんとしても支えていく」との1人1人のケアマネジャーの熱き思いによって、今の現場は支えられております。その尊い「思い」にサラリーマンからこの道に入った私は幾度となく驚かされました。忍耐強く、時間をかけて、いくつもの壁を乗り越えて活路を開いていく、その姿には本当に頭が下がりました。

だからこそ、もっとその「思い」が報われる制度、環境が必要だと思います。そうでなければ利用者を支えるケアマネジャーがいなくなってしまうからです。そして、その為の努力を我々は、今まで以上にしていかなくてはならない時が来ていると感じます。ただ待っているだけでは、現状は何も変わりません。我々1人1人が、自らなすべきことを考え、行動する時は今です。ケアマネジャーが激減している今だからこそ、我々1人1人の責任ある声と行動が重みを増すと考えるからです。

キーワードは「総合力」です。

1人1人の力は微力でも、皆で力を合わせていけば足し算ではなく掛け算で、より大きな力になると信じるからです。自らに「何ができるかを問うて」いきながら、自らを輝かせ、自身の為、利用者の方々の為、そして、より良い地域の福祉向上の為に、団結して前進を開始しようではありませんか。

今後ともご指導の程、宜しくお願い申し上げます。

副会長 良辺俊彦

31年度?令和元年度なのか微妙な感じがヤキモキする良辺俊彦と申します。今年も昨年に続き一宮会長のもと副会長として総合力の足しになれるように頑張って参ります。1年半後の法改正に向けケアネジメントへの利用者負担導入やオール2割負担など大幅な改定をしてきそうですが、何といっても今年度に静岡県では介護支援専門員が新たに誕生しないことが職能団体として大きな問題になってくると考えています。私たち介護支援専門員が仕事をしやすい環境整備に力を入れていきたいと思います。今年度も宜しくお願い致します。

副会長/主任ケアマネ部会部会長 長澤節子 

「2020年には診療報酬改定があり、2%半ば以上の引き下げを要求さらています。
と言うことは、2021年の介護報酬改定ではかなり厳しいものになると思われます。
その上
➀二号被保険者の年齢引き下げ
➁三割負担と二割負担の対象所得の検討
➂居宅介護支援費の自己負担導入
など、どんどん利用者の自己負担化が重くなって行きます。
常に国の動きに敏感で、その変化に対応していけるよう、職能集団として共に助け合い、資質向上に関われる事ができるよう努めて行きたいと思います。ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします。」

副会長/広報交流委員長 岡田由佳

平成30年度介護支援専門員実務研修受講試験受験者数49,322人、合格者4,990人。合格率10.1%。受験者数131,560人だった前年度から約6割以上減(受験資格が厳しくなったことも一要因)、合格者は8割減。この数字、皆さんはどのように感じていますか。私は、最初、単純に「狭き門となったケアマネへの道。それだけ質の向上が求められている。合格率44.1%だった1期生の私はラッキーだった!」なんて思っていたのですが・・。ケアマネを増やすつもりはない、逆に減らす。AI導入で業務が減った分、担当人数を増やす。そんな声が聞こえてきた時には意気消沈しました。会員一丸となり、ケアマネの存在価値をもっともっと発信していきましょう!今年度もよろしくお願い致します。

会計 竹川軌子

前年度に引き続き、会計を担当させていただきます、かなおか在宅介護支援センターの竹川と申します。
皆様の大切な会費をお預かりする立場にありますので、効率的かつ効果的な運営に努めてまいります。
一ノ宮会長の掲げる「総合力」というキーワードの元、皆で団結して連協を盛り上げていきましょう。
どうぞよろしくお願い致します。

倫理研修委員会 平田三枝

倫理研修委員長を務めさせていだきます、コスモス沼津の平田三枝です。よろしくお願いします。今年度の倫理研修委員会では『医療ソーシャルワーカーとケアマネジャーとの合同事例検討会』(2/22開催)と『沼津市歯科医師会、介護支援専門員との研修会(仮題)』の2回の研修を計画しております。多数のご参加をお待ちしています。今後も他職種との合同研修等企画していきたいと思います。日頃の業務に役立つ研修や面白い研修を一緒に企画したい、提案したいという方、是非、倫理研修委員会にご参加ください。募集中です♪

業務支援委員会 加藤勝一

今年度も業務支援委員会委員長をさせていただく事になりました コスモス沼津の加藤です。

地域包括ケアシステムの構築に向けて、私たちケアマネジャーに求められるハードルが年々

高くなってきているように感じます。そんな中少しでも普段のケアマネジメント業務のお役

に立てるような情報や地域資源を提供できるような活動を行っていきたいと思いますので、

今年度もよろしくお願いいたします。

北中部地域活動委員会 和田卓也

地域活動委員会 北中部地域活動委員長の和田卓也です。

令和元年度も引き続きよろしくお願いします。北中部は連絡協議会会員の半数を占め、100名ほどとなっております。この広い地域の中でケアマネ同士・賛助会員さまとの連携・情報交換、顔の見える仲間づくりができればと思っております。参加したことない方、ぜひ一度参加してみて下さい。意外な発見ができるかもしれません。今年度もよろしくお願いします。

西部地域活動委員会 新井浩幸

昨年度に引き続き、二期目を務めさせていただくこととなりました。

活動委員会の委員長をさせて頂いてから同じ地区に知り合いも増え、嬉しく思っています。

今年も会員皆様の業務に役立てられるような活動を、昨年同様気軽に行っていきたいと思っています。

活動委員会の主旨である地区会員同士の協力し合える関係・繋がりを心掛けて行きたいと思っていますの、今年度もどうぞよろしくお願い致します。

今年度も、皆様の参加をお待ちしています。

南部地域活動委員会 鈴木正彦

今年度より南部地域活動委員会の、委員長を務めさせていただく事となりました。

これまで老健おおひら介護員として10年勤めさせてもらい、同法人の居宅ケアマネ業務に就かせてもらえるようになり早くも5年を迎えました。年齢と経験年数のわりに未熟な面も多いですが、地区活動委員会では皆さんと気軽に情報交換等行える場を設けていければと思います。

よろしくお願い致します。

事務局長 井上浩樹

こんにちは。令和元年度も事務局長として頑張ってまいります。よろしくお願い致します。微力ではありますが、事務局として会の運営を支えていくのと共に、一人一人が参加する全員参加の会の運営を目指して頑張っていきます。

会員の皆様の声を会の運営に反映させたいと考えていますので、何かありましたら、事務局・井上までご連絡下さい。

事務局よりお知らせ

新年度が始まりました。会員の皆様で移動や転職に伴い勤務先に変更がある方は、事務局までお知らせください。届出がない場合、旧勤務先等に郵便物が届いてしまします。宜しくお願いいたします。

沼津介護支援専門員連絡協議会ではグループLINEを利用して研修やイベントの案内、利用者徘徊の捜索依頼等の情報交換も行っています。是非とも紹介・参加して、ご活用してください。

事務局『居宅介護支援事業所まぁる』TEL055-933-6056/FAX055-933-6057

施設ケアマネジメント部会部会長 若林直子

施設ケアマネジメント部会の部会長を務めさせていただきます、若林と申します。今年1月より施設ケアマネジメント部会を立ち上げるため準備をしてまいりましたが、いよいよ始動します。

施設で暮らす利用者様、施設を終の棲家とされる利用者様を支えるケアマネジメントは複数の業務を行いながら、大きな役割を果たしています。そんなケアマネが横のつながりをもち、情報交換やスキルを上げる研修を行っていきたいと思っております。有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅のケアマネも一緒に活動していきましょう。

和やかな雰囲気の部会です。ぜひ部会への入会もよろしくお願い致します。

ホームページ管理 川畑州司

ホームページ管理の川畑州司です。

ホームページレイアウトも一新され、各委員会の活動内容も追跡しやすくなりました。

従来の研修や催事の告知、連協の活動内容の発信だけでなく、

動画での研修の復習等会員の皆様のメリットとなるページとなるよう

”こんな情報があったらいいな”、

等のご意見を頂けたらと思います。

本年度もよろしくお願い致します。